So-net無料ブログ作成
-  |  次の3件 »

『ハウルの動く城』のクオリティの高さはいったいなぜ?




<ハウルの動く城のあらすじ>

町を離れ荒れ地に向かう一人の少女。名前はソフィー年は18才。

だが、その姿形はまるで90才の老婆だった。

長女として亡き父の残した帽子屋を一人で切り盛りしてきたソフィー。だがそれは、決して彼女の望んだ生き方ではなかった。

ある日出征兵士でにぎわう町中でソフィーは兵隊にからまれる。その窮地に助けをさしのべたのは通りすがりの美青年。

青年は不思議な力でそのまま空へと舞い上がり、ソフィーを束の間の空中散歩にいざなうのであった。夢のような出来事に心奪われるソフィー。

しかしその夜、ソフィーは、店を訪れた荒地の魔女に呪いをかけられ、90才のおばあちゃんに姿を変えられてしまう。

このままではいられない!意を決して荷物をまとめて荒れ地を目指すソフィー。

夕暮れに迫る荒れ地を歩いていると、その向こうから、目の前に奇怪な形をした「ハウルの動く城」が姿を現したのであった……。




<ハウルの動く城の感想>

特別ジブリ好きという程でもないですが、ハウルの動く城という映画が好きです。

映像が綺麗で、風景なども美しく、キャラクターも素敵で個性があって動きも良いし、細かいところまですごくよく作られているし、やはり観ていてすごいと感じます。

空を飛んだりするシーンもアニメなのにとても迫力があってはらはらしたり、気分が晴れやかになったり、楽しくなります。


原作とはちょっと違ったりもしているので映画は映画で楽しめます。

観た後は気持ちが明るく楽しい気分になれます。声優をつとめた倍賞さんもすごいです。

年をとったり若くなったり、一人で声をあてていて、それがまたおばあちゃんの時は可愛い元気なおばあちゃんの声でとても好きです。

荒れ地の魔女の三輪さんも流石です。


ハウルの声が木村拓哉さんで実はあまり好きではなかったのですが、このハウルはとても良かったです。

神木くんや我修院さんの声も。


なぜプロの声優をあまり使わないのかとも言われたりしていますが、この映画はすごく良かったと感じました。

そして、魔法を使うシーンなどはワクワクします。


魔法で家が変わったり、色んな場所へも行けたり怖い魔法もありますが、とても印象に残る映像でなんだか神秘的にも感じます。


そして戦争、それによってハウルは一体どうなっていってしまうのかとドキドキしてみていました。


そうだったの?と驚くシーンもあったり、おすすめです。



共通テーマ:映画 | nice!(1) | 編集

ジム・キャリー主演『マスク』を観て楽しもう!



<マスクのあらすじ>

何をやってもイケてない銀行員スタンリーは、ある日銀行にやって来たゴージャスな美女、ティナにひと目ボレしてしまう。

だが内気なスタンリーはまともに声を掛けることすらできない。

そんな折、ひょんなことから不思議なマスクを拾い、何気なくそのマスクを着けてみると……彼は緑の怪人《マスク》に変身した!

弱気でお堅いスタンリーとは全く正反対の強気キャラに加え、不可能を可能にする特殊なパワーを持った《マスク》は、早速ティナに猛烈アタックを開始する。

だが、ティナの背後には銀行強盗を企むマフィアの一味が付いていた……。




<マスクの感想>

小学生の時に観て、なんて楽しい映画だと思ったのがマスクでした。

当時は外国で知っている俳優さんもいませんでしたが、この映画でジムキャリーを覚えました。

何度も何度も観たものです。


コミカルな動きも、次々にでてくるセリフや普通の人間では出来ない動きなどももう面白くて家族みんなが笑える映画でした。


色んな動きや、セリフを真似したものです。


つい真似したくなるようなシーンが多すぎでした。


高いところから飛び降りたり、鉄砲で打たれても生きていたり、もうとにかくなんでもありでまさに痛快です。


子供の頃にみて、意味がわからなくて笑っていたシーンもあったことは大きくなって観た時に気がついたりもありましたが。


普段はさえなくてついてない男が、マスクをつけたら超人に変身してしまうというものですが、ヒーローではなく、何者なのかよく分からないところも面白いです。

主人公の愛犬のマイロも可愛いし、大活躍もあって頑張っていて良いキャラクターです。

明るい気分になりたい時に観たくなる映画です。

まだ若いキャメロン・ディアスも見所だと思います。美しいし、可愛いです。




ゲオ宅配レンタルは今なら1ヶ月無料お試しできる!

共通テーマ:映画 | nice!(1) | 編集

映画『ミリオンダラー・ベイビー』のあらすじと感想



アカデミー賞主要4部門を独占し、ハリウッドの頂点を極めたクリント・イーストウッドの最高傑作。

イーストウッド本人が「これはシンプルなラブ・ストーリーだ」と言い切る、珠玉の愛の物語。

<ミリオンダラー・ベイビーのあらすじ>

ジムを経営する孤独なトレイナー、フランキー(イーストウッド)。実力はあるが、育てた若者は欲を求めて彼の元を去っていく。

あるとき、そんなジムへ31歳のボクサー志望のマギー(スワンク)が入ってくる。フランキーにとってマギーのような女など眼中になかった。

しかし、貧しい生活をしながらも、練習に励む彼女のハングリーさに、彼は徐々にボクシングを教えるようになる。

やがて、トレーニングを通して次第にお互いを必要とし始めていく二人。娘に縁を絶たれた男と家族の愛に見放されてしまった女、深い傷・苦しみを抱えながら生きてきた不器用な二人が互いに人間的に歩み寄っていく。

マギーの実力も頭角を現していき、遂に100万ドルをかけた世界タイトル戦に出場することになった。

しかし、その試合で、二人を待っていたものは衝撃の結末だった…。苦悩するフランキー、そしてマギー。

二人の真の絆の意味がいま試される。



<ミリオンダラー・ベイビーの感想>

クリント・イーストウッド監督作品です。

クリント・イーストウッドがボクシングジムのコーチをしていて、そこにやって来た32歳の女性マギー。


彼女はプロボクサーになりたいという夢を持っています。

その年齢で女性では無理だと言うクリントですが、元ボクサーのモーガン・フリーマンがマギーの才能を認めて、クリントも彼女のコーチをすることになります。

ボクサーの道を駆け上がっていくマギー。

しかし、試合で大けがを負い、自力呼吸もできず、寝たきりになったマギーは尊厳死を求めます。


マギーを愛するようになっていたクリントは苦しみながら、彼女の希望に応えるのでした・・・。

前半はアメリカンドリームの実現の物語で、スポ根もののような感じなのですが、後半はうって変わって尊厳死の問題がテーマになる重苦しい展開になります。

マギーを思いやるクリントの愛情が切ないほどに伝わります。

けがで引退してクリントのボクシングジムを手伝っている元ボクサー役のモーガン・フリーマンもいい味を出しています。


共通テーマ:映画 | nice!(0) | 編集
-  |  次の3件 »
Copyright © 過去の名作は色褪せない-絶対に観ておくべき名作映画- All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
板金

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。